酵素ドリンクでファスティング(断食)1

こんにちは。管理人のトモコです。

今回は、酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)の方法とやり方を分かりやすく説明したいと思います。

もちろん、ファスティング(断食)の効果についても紹介していますので、これからダイエットに挑戦したいと言う方や、ファスティング(断食)でデトックスしたいと言う方は参考にしてください。

酵素ドリンクを使ったダイエット方法には2種類ある

酵素ドリンクを使ったダイエット方法には2種類ある
酵素ドリンクを飲む理由はさまざまですが、多くの人はダイエットや健康、美容を目的として飲んでいる人が多いです。

とくにダイエットを目的にしている人が多いと思いますが、酵素ドリンクを使ったダイエットは大ざっぱにいうと2種類あることを知っておいてください。

1:ファスティング(断食)

断食と言うと飲まず食わずのイメージがありますが、現在主流になっているファスティング(断食)は固形物を食べないというものです。

2:置き換えダイエット

朝食や夕食などを酵素ドリンクに置き換える方法です。私自身は、こちらの方法でダイエットに成功しています。

どちらの方がより良いというワケでは無く、やり方と効果が違うのです。
そこで、簡単にそれぞれの特徴を解説しておきます。

ファスティング(断食)の特徴

よくネットの広告で「48時間で3キロ痩せた!」というものを見たことがあると思いますが、その方法と言うのがこのファスティング(断食)になります。

やり方については後ほど詳しく紹介しますが、簡単に言うとご飯を食べる代わりに酵素ドリンクを飲んで過ごすだけです。

いきなりご飯を抜いてしまうと体に悪いので、前日からご飯を減らすなどの準備を行い、断食後はお粥などを食べる復食の期間を作ります。

最近はプチ断食という方法が流行していて「準備・本番・復食」それぞれ1日ずつ合計3日間で行うのが主流です。

金曜日からご飯を減らし週末で断食するのがおすすめです。

ファスティング(断食)の効果について

ファスティング(断食)の効果については、いろいろな人がいろいろな意見を言っていますが、基本的には下記の2点になります。

  • デトックス(体の老廃物を除去)
  • 食生活のリセット

これを見て「あれ?ダイエットの効果は無いの?」と思われる方も多いと思いますが、実は微妙なんです。

ファスティング(断食)とダイエット効果

たしかに、ファスティング(断食)を行うと3キロくらいは簡単に体重が減ります。

やってみると分かるのですが、食事量を減らしてもしばらくの間は、いつもと同じくらいの便通はあります。

つまり、体重は確かに減るのですが、それは単に老廃物である宿便が体から抜けて行っただけで、脂肪が減っているわけでは無いのです。
そのため、ファスティング(断食)で体重が減ってもすぐに元通りの体重に戻ります。

では、ダイエットにファスティング(断食)は無駄なのか?というとそうではありません。

体に溜まった老廃物を出すことが出来るので代謝が上がりますし、何より断食することでそれまでの食生活や食習慣をリセットすることが出来るので、終わった後の生活で食事量をコントロールしやすくなります。

ですから、定期的にファスティング(断食)を行うことで効率の良い代謝を維持し、乱れやすい食生活をコントロール出来るのでお手軽だと思います。

ファスティング(断食)の美容効果と便秘解消について

ダイエット以外にファスティング(断食)で効果があると言われているものとして美容効果と便秘解消があります。

これに関しては、かなり個人差があるようで、私自身の経験を言えば「言われてみればお肌の調子がいいな」と感じる程度で劇的な変化は特に感じませんでした。

便秘解消の方は、もともとあまり便秘をしないので良く分かりませんでした。

当サイトで集めている体験談を見ると便秘解消したという話も多いので、それなりに効果はあるのだと思います。

ただし、食事制限をするので便そのものが減るため便秘に似た症状になる可能性もありますのでご注意を。

置き換えダイエットの特徴

置き換えダイエットの方法はこのページのメインの内容では無いのでサラッと解説して終わりにします。

酵素ドリンクを使った置き換えダイエットについてもいろいろなやり方がありますが、基本は朝食か夕食を食べずに酵素ドリンクを飲むというやり方が主流です。

冒頭でも紹介しましたが、私はこのやり方でダイエットに成功しています。

コツとしては、1日のうちに最低でも12時間以上、出来れば18時間以上何も食べない時間を作ることです。

18時間以上食べないと言うのはどういうことかというと、夕方18時に晩ご飯を食べたら、翌日の12時のお昼ご飯まで何も食べないということです。

最初のうちはかなりの空腹感があるのですが、空腹感を誤魔化すために酵素ドリンクを朝食の代わりに飲みます。

空腹感は2週間程度するとある程度は慣れてきますし、体の調子が良くなります。

おまけ:プチ断食について

プチ断食についてちょっと補足説明をします。

プチ断食で検索すると、無数のサイトが出てくるのですが、サイトによって意味が全然違うんです。

このサイトでも紹介しているような3日間(断食はそのうち1日だけ)で行う断食を指してプチ断食と言っているケースも多いのですが、それとは別に半日だけ行う断食を指してプチ断食と言うケースもあります。

半日のプチ断食とは何かと言うと、今しがた紹介した置き換えダイエットのやり方とほぼ同じで、1日のうち12時間(つまり半日)は水以外何も口にしないという方法です。

こればかりは、どちらが正しいと言うわけでもないので、そのサイトの文脈で判断するしかありません。

一応、当サイトでは「プチ断食=3日間(断食はそのうち1日だけ)」で統一しています。

酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)のやり方

酵素ドリンクでファスティング(断食)2

さて、少し話が脱線してしまいましたが、ファスティング(断食)のやり方について紹介して行きます。

まずは、巷でプチ断食と呼ばれる3日間で行う方法が基本となりますので、そちらから紹介して行きたいと思います。

プチ断食のやり方

1日目:(準備日)

いきなりファスティング(断食)をしてしまうと体に大きな負担がかかってしまうので、初日は食事量を減らすことからはじめます。
朝食は普段通りで構いませんが、昼食は腹八分、夕食は普段の半分を目安にしてください。
もちろん、お酒はダメです。また、水分は少し多めに摂った方が楽に過ごせます。

2日目:(断食本番)

この日がファスティング(断食)の本番です。水やジュース、スープなどは飲んでも構いませんが、パンやご飯、フルーツなどなど固形物を食べてはいけません。おすすめはもちろん酵素ドリンクです。
個人差はありますが、血糖値や血圧が下がる傾向にあるため、激しい運動は控えた方が良いでしょう。

3日目:(復帰日)

おおよそ30時間以上も固形物を食べていないので、いきなり食事をすると体に負担がかかってしまいます。そのため、3日目の朝はお粥ですませます。昼食は夕食も普段の半分程度に抑えるようにします。
せっかくですから、この機会に普段の食事メニューを見直すのがおすすめです。

プチ断食のやり方まとめ

プチ断食のやり方はいたってシンプルですし、それほど大変なものではありません。

しかし、そうは言っても長時間にわたって食事を抜くわけですから、急に行うと体に負担がかかるのは間違いありません。

だからこそ、準備と復帰にはきちんと時間をかけて行う必要がありますし、ご自身の年齢や体力、健康状態に応じて行う方が良いと思います。

ファスティング(断食)の方法

ほとんどの場合、プチ断食で十分だと思いますが、もうちょっと長くファスティング(断食)したいと言う場合についても解説をします。

とは言いましても、実は私自身は最長でも断食本番を2日間しか経験していないため、それよりも長い期間の方法は詳しくありません。

で、具体的なファスティングの方法ですが、断食本番を2日間にしたのであれば、準備も復帰も2日間にするだけです。断食本番が3日間なら準備も復帰も3日間ということです。

私が2日間やった時は、基本的に水と酵素ドリンクのみで行いました。

復帰の際には、お肉や油の多い料理は控えた方が無難ですし、自信が無ければ準備と復帰にもう少し時間をかけても良いでしょう。(準備に1週間くらい使い、復帰に3日間くらい使うイメージです。)

断食はやってみると五感が鋭くなる感じがあって楽しいですし、体もスッキリしますが、あまり長い期間になるとやはり体に負担がかかります。

そのため、長期間される場合には、断食道場のようなサービスが全国にあるようですので、そういった施設で行うことを推奨します。

酵素ドリンクでファスティング(断食)する方法とやり方まとめ

酵素ドリンクでファスティング(断食)する方法とやり方まとめ
個人的な経験則の話ですが、酵素ドリンクでファスティング(断食)するなら、プチ断食くらいの期間が丁度良いような気がします。

慣れてくるとプチ断食程度では物足りなくなるかもしれませんが、健康維持という観点から考えるとプチ断食くらいが丁度よいでしょう。

なお、ファスティング(断食)でも活躍する酵素ドリンクをランキング形式でまとめていますので、そちらも併せてご覧ください。

市販の酵素ドリンク人気おすすめ比較ランキング

ちなみに、私はいろいろと酵素ドリンクを飲んでいますが、ベルタ酵素と優光泉(ゆうこうせん)がおすすめです。